<   2011年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

思ったよりきれいな尾鷲港の夕景でした。町の象徴、煙突も稼働中です。


b0186680_13201995.jpg






[PR]
国道42号線を尾鷲市から熊野市に抜ける峠が矢の川峠(やのことうげ)です。今でもアップダウン、カーブが激しい道ですが、この道が開通する昭和43年まで、違うルートが存在しました。

今ではほとんど通る車もなく、道は荒れ放題ですが途中までは車で行くこともできます。
ただ乗用車だと壊れそうなくらいの悪路なので、今回はバイクに乗せてもらって頂上まで行ってきました。


現在は長いトンネルが峠の中腹にありますが、旧道は山を迂回するようなルートで、しかも標高900メートルくらいまで上がらないといけません。尾鷲市から熊野市まで1時間半ぼどかかったのだそうです。現在は40分くらいで行けます。

そしてこの旧道の見どころは、何箇所かある素掘りトンネルです。この狭い道を国鉄バスが走っていたというんですからびっくりですね。



b0186680_184338100.jpg



b0186680_18434972.jpg



b0186680_18435469.jpg





[PR]
三重県紀宝町鵜殿、鵜殿城跡にたっている展望台からの眺めです。
眼下に広がるのは鵜殿の町、目の前が熊野灘、右側が熊野川です。
大きな工場は紀州製紙です。


b0186680_11103073.jpg




b0186680_11104643.jpg





[PR]
朝霧・・・ではありません。ここ川湯温泉は、文字通り川が温泉になっています。
その一部をせき止めて、期間限定で仙人風呂として開放しています。2月末までで、入浴無料です。



b0186680_1143499.jpg






[PR]
松阪市飯高町付近で偶然見つけた風景です。



b0186680_12484724.jpg

[PR]
百間ぐらとは、熊野古道小雲取越えの頂上付近にある絶景の地です。
お地蔵さんの背後にはどこまでも水墨画のような山並みが続いています。
ふもとから歩くと2時間くらいかかると聞いていたので、かなり躊躇していましたが、なんと近くまで車で行けるとのこと。車を降りてからわずか15分歩いて到着しました。

今回は突然行ったので、もう西日ですごい逆光、お地蔵さまが真っ黒だったのでストロボを使用しました。


b0186680_111310.jpg






[PR]
ホテルの屋上から那智勝浦漁港が一望できます。
昼と夜とで船の位置もほぼ同じに撮れました。でも実はこれ、昼間の写真は2010年2月撮影、夜の写真は2011年1月撮影、1年の開きがあります。


b0186680_10592069.jpg





b0186680_10593878.jpg






[PR]
線路がよく見える場所があったので、時刻表を調べて撮ってきました。
なんせ2時間に1本しかないので、1日2、3回しかチャンスがありません。15時を過ぎると今度は影に入る部分が多くなり撮れません。
毎日通えばいい写真が撮れるでしょうね。


b0186680_1158415.jpg






[PR]
三重県と奈良県の県境付近にある蓮(はちす)ダムです。
ここまで来てようやく今年初めての雪を見ることができました。積もってる雪を見るのは2、3年ぶりでしょうか。



b0186680_1824739.jpg





雪がよくわかるようにストロボを使ってみました。

b0186680_18245479.jpg





[PR]
初日の出ではありませんが・・・昨日の日の出です。かなり冷え込んだので海霧も出ていました。
ここ紀伊長島港は冬は島の間から太陽が出ます。
突然思い立ったのでコンデジ撮影です。



b0186680_12575077.jpg





[PR]